おもしろい感覚に気付きました

私は時々ふと思いたって、習字というか書道をすることがあります。気まぐれの我流でやるので作法もなにもなく、時にはカレンダーの裏などを用紙にして書くこともあります。
最近よく書くのは一文字の漢字です。以前は四字熟語のようなものを書いていたのですが、漢字一文字でもその成り立ち等にかなり深い意味のこもったものが少なくないことを知り感銘を受け、近頃はもっぱら一文字漢字を書いています。書いてみて思ったのは、一文字の方がダイレクトにその漢字の持つ意味をイメージできるような気がして力と深さを感じるということでした。あくまで個人的な感想なので異論もあると思いますが、私としてはこっちの方が「よし!書いたぞ」という不思議な爽快感があります。
一文字なので字自体を用紙上にかなり大きく書くことができて、それにより更にその漢字から発せられる力が増すような気もします。言霊というのがありますが、私はたまたまこの一文字書道をはじめてから「本当にそういうのもあるかもしれない」としみじみ思うようになりました。

カテゴリー: 新たな発見 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です